爪水虫で病院へ行くとどんな治療?市販薬との違いは?

爪水虫で病院へ行くとどんな治療?市販薬との違いは?

(爪水虫で病院へ行くと)
爪水虫で病院へ行った場合、内服薬か外服薬を使用した治療が行われます。

 

内服薬は、イトラコナゾールやテルビナフィンなどの処方が主流ですが、これらの薬は、肝臓疾患がある場合や妊婦の人の使用は出来ないという点があります。

 

外服薬は、エフィコナゾールやルリコナゾールなどが処方されます。

 

皮膚科へ行って検査を受け、最初に治療の手段に選ばれるのが内服薬による治療ですが、肝機能への影響が懸念される為、1ヶ月から2ヶ月に1度血液検査が行われます。

 

内服薬の使用が出来ない場合には、外服薬による治療がメインになるので、病院へ行く時間が無い人や肝臓疾患などがある人、妊婦の人は市販されている爪水虫商品を使用するのも、一つの手段と言えます。

 

(病院で処方される外服薬とドラッグストアにある水虫薬との違い)

 

エフィコナゾールなどは病院での処方に限られる為、ドラッグストアや薬局で爪水虫の薬や商品を購入する場合、水虫薬を使用する事になります。

 

爪水虫は、3層からなる硬くて厚い爪の中に、白癬菌が感染しているので市販されている足水虫の薬では、患部に届かず働きかけが出来ないという点があります。

 

病院から処方される外服薬と、ドラッグストアや薬局で販売されている水虫薬とでは、そういった点に大きな違いがあります。

 

(病院以外で爪水虫へアプローチするには?)

 

通販サイトや爪水虫商品を販売する公式サイトなどを利用すると、爪水虫にアプローチ出来るアイテムが販売されています。

 

それぞれ特徴を持った薬や商品があるので、有効成分や爪へのアプローチの工夫などを参考にして選ぶのがおすすめです。

 

 

・発売から10年以上の実績で選ぶ!
エフゲンは、発売以来通販サイトなどで常に上位にいる第二種医薬品爪水虫薬です。

 

サリチル酸という成分で、硬い角質層を柔らかくして、有効成分のウンデシレン酸の浸透性を助け、爪水虫へアプローチする薬です。

 

エフゲンは、通販サイトなどでも販売されていますが、完治するまでに使用する量を考えると、公式サイトでの購入がおすすめです。

 

 

・人気と爪への浸透力で選ぶ!
浸透力特化型製法のジェルを使用した、クリアネイルショットという爪水虫商品があります。

 

クリアネイルショットは、爪表面の親油性を活かして有効成分をオイルで包み込み、爪の中にいるしつこい白癬菌へアプローチする商品です。

 

成分には、竹酢液やテルピネン-4-オール、α-テルピネオール、ポリアミンなどを始め複数の成分が配合され、爪水虫へ働きかけます。

 

クリアネイルショットの購入は、お得なコースが色々ある公式サイトの利用がおすすめです。

 

⇒『クリアネイルショット』の公式サイトはこちら