お灸で治るの爪水虫?

お灸で治るの爪水虫?

爪水虫がお灸で治るというの初めて聞いた話ですが、ネットで検索すると色々と出てきました。お灸で市販されている一番メジャーなものが「せんねん灸」。
これでも爪水虫に効いたという口コミがありました。本当なのか、ではなぜお灸で爪水虫が治るのかを見ていきたいと思います。

 

実は爪水虫の原因となっている白癬菌というのは熱に弱いそうなのです。白癬菌は60℃の温度に1秒以上さらされるとほぼ死滅するとされています。

 

もう少し低温の40〜50℃程度であっても、長時間さらされることによって白癬菌は死滅するようです。一方、お灸は燃焼温度でおよそ百数十℃、肌の表面では60〜80℃になります。

 

これでおわかりですよね。お灸で白癬菌は死滅してしまいます。ただ、肌の表面がで60℃〜80℃とありますので、それを長時間さらさなければなりません。
それを我慢できればということですが、普通は我慢できるものなのでしょうか?

 

お灸が敬遠される理由の多くに、「痕が残る」というものがありのですが、実はお灸治療を行った患部(皮膚)は、治療後に茶色く変色することがあります。
基本的には時間の経過とともに薄くなっていくのですが、体質によってはうっすらと痕が残ることもあるようです。

 

しかし、爪は伸びます。爪水虫によって変色してしまった爪とともにお灸の痕も伸びて消えてしまうので全く問題になりません。
飲み薬による治療の場合は体全体に薬の作用が行き渡るのに対して、お灸治療の場合は患部に直接作用させることができます。

 

お灸の熱が患部に巣食う白癬菌を直接死滅させることで、感染範囲の拡大を防ぐことができるのです。白癬菌さえいなくなってしまえば、きれいな爪が伸びてくれるのを待つだけです。

 

ただし、よそから新しく白癬菌を持ち込まないように注意することが必要です。

 

この点においても、お灸治療では燃焼した際に出るタールに含まれる殺菌成分が患部に継続的に作用するため、一定期間は治療効果が継続してくれます。
それでは、お灸はどこに置いて(貼り付けて)火をつければいいのでしょうか?これはご想像通り、爪の真上に直接お灸を据える形になります。

 

患部が複数個所に及ぶ場合は、お灸も複数同時に据えることになるでしょう。ただし、患部があまりに広範囲に及ぶ場合はお灸での治療は難しいかもしれません。
あくまでお灸治療では、お灸が直接触れている患部にのみ作用するため、爪全体が白癬菌に侵されているような場合には効果は薄いと考えられます。

 

お灸治療は爪水虫の症状が初期のうちには有効である、ということも知っておいたほうが良いでしょう。

 

つまり、爪が変形しすぎて靴がはけない、膿が溜まってきた、痛みがあるなどの重症化している爪水虫にはお灸でも効かないということです。

 

⇒爪水虫に効くジェルがあるって知ってましたか?