爪水虫の影響で歩けなくなる?

爪水虫の影響で歩けなくなる?

爪水虫になったことがある人、重症化した人はわかると思いますが、たかが水虫と言っていられないような影響が爪水虫では出ます。

 

爪水虫は普通の人からすれば、水虫の爪バージョンだから痒い?と思うかもしれませんが、痒いだけなら影響はそれほどでもありませんし、かゆみ止めを塗ればいいかも知れませんが、爪水虫の影響はそんなものではありません。

 

爪水虫の初期症状にはかゆみや痛みなどがなく、その症状は主に見た目に出ます。

 

例えば、爪の厚さが増す、爪が変形してしまう、爪が白色や黄色に濁る、爪が脆く欠けて行ってしまう、爪に白い筋が入っている、以上の症状が足の指に見られるようであれば、爪水虫を疑ってみてもいいかもしれません。

 

爪水虫の初期症状は爪の見た目に症状が現れるのみですが、進行すると爪のまわりに炎症が起こり、恐ろしいことに「歩くたびに痛みを感じる」という症状が出てしまうということもあるのです。

 

爪水虫は、爪の中でも主に足の親指の爪に発症しやすいことも特徴です。足の親指に力を入れないで立ち上がったり、歩いたり、階段の上がり降りを試してみてください。

 

結構な困難を伴うはずです。これが、爪水虫が重症化した時に発生するかもしれない症状なのです。爪水虫の原因は、足にできる水虫と同じく白癬菌にあります。
白癬菌が爪の中で繁殖することで、爪水虫が発症してしまうのです。白癬菌は、人間の体にあるケラチンというタンパク質を餌にして繁殖します。

 

白癬菌は高温多湿な場所を好むので、靴の中・靴下の中は繁殖するためにうってつけの場所。爪は表面が硬く、表に出ている部位なので、付着した白癬菌が洗い流されることが多いのですが、足の指と爪の間は柔らかく、白癬菌が侵入しやすいため、水虫が発生しやすい場所といえます。もともと足で繁殖していた白癬菌が、足の爪の間にまで入り込み、繁殖を始めてしまうことで爪水虫が発症してしまうのです。

 

水虫の症状がない人がいきなり爪水虫を発症してしまうことはとても稀です。

 

爪水虫は水虫と同じく感染します。家族内に爪水虫の感染者がいる場合、タオルやスリッパなどを共有した場合、感染のリスクは大幅に上がります。
上述した通り、爪水虫は水虫を患っている方に発症してしまう病気です。

 

よって、感染の予防は水虫と同じ。水虫を防げば爪水虫は防げるといえるのです。

 

仮にあなたが爪水虫になってしまった場合は、その感染を家族の中で広げないよう早めに治療・完治させること。

 

そして常に足を清潔にすることを心がけながら生活をしましょう。前述した通り、爪水虫になってしまった場合は、症状がひどくなってしまい辛くならないためにも、また他人にうつしてしまわないためにも早めの治療が大切です。放置が一番ダメなパターンです。

 

⇒爪水虫に効くジェルがあるって知ってましたか?