爪水虫をオキシドールで消毒した結果

爪水虫をオキシドールで消毒した結果

オキシドールってわかりますか?昔不良が髪の毛を脱色するのに使っていたオキシドールです。

 

でも本当は怪我をした時に傷口を消毒するときに使うのがオキシドールです。これが爪水虫とどんな関係があるのか?と疑問に思う人がいると思います。
爪水虫の原因は白癬菌というカビの一種ですが、それをオキシドールで消毒することはできるのでしょうか?

 

ネット上には、オキシドールで有名なマキロンで水虫がよくなった!などのコメントがありますが、オキシドールで爪水虫の白癬菌を退治できるのか調べてみました。
そもそも、オキシドールとは「殺菌消毒作用、組織修復作用、抗炎症作用で、キズのトータルケアを考えた処方」というのがマキロンの製造会社、第一三共ヘルスケアのマキロンの特徴です。

 

とありました。つまり、他のオキシドールも同じ作用なのです。

 

そして、マキロンやオキシドールには逆性石鹸である塩化ベンゼトニウムと言われる消毒薬が使われており、傷から出る血液や皮膚組織に反応する細菌に関しては消毒作用がありますが、水虫菌(カビ菌・真菌)を死滅させるような消毒効果はないそうです。

 

塩化ベンゼトニウムに一緒に配合されているリドカインという成分が痒みなどを抑える鎮静効果はありますが、水虫を悪化させる働きもあるため、オススメできません。
雑菌消毒に関しては優秀なマキロンとオキシドールですので、日々の足裏ケアなどに使うことで、水虫菌の繁殖を抑えることができます。

 

しかし、毎日原液を皮膚につけると皮膚が薬品にまけてしまったり、耐性がなくなってしまったりすることがありますので、足の臭いが気になったり、少し痒みが出た時に使うと良いでしょう。

 

ただ、上述は水虫の場合であって、爪水虫の場合には当てはまりません。爪水虫の表面とその周りの皮膚の消毒はできると思いますが、爪に浸透しない限りは爪水虫の治療には無効です。

 

市販の水虫薬でもあまり効き目がありません。なぜなら爪に浸透するようにできていないからです。
つまり、爪浸透をちゃんとしてくれる有効成分の入った爪水虫専用の薬を毎日塗り続けることで治療ができるということです。

 

オキシドールで簡単に治る病気ではないことはおわかりましたか?病院に行って爪水虫だとわかると、かならず服用薬(液体、カプセル、錠剤)と外用薬の両方を勧められるそうです。

 

つまり普通の水虫よりも、内服薬というきつい薬で治した方が確実で早いですよ、そうでなければ、ずっと一進一退を続けますよ。という意味ですね。
一度爪水虫になってしまうと完治が大変だということもわかっていただけたでしょうか?

 

⇒爪水虫に効くジェルがあるって知ってましたか?