爪水虫治療を大阪で

爪水虫治療を大阪で

爪水虫治療なら東京でも大阪でも、地方のどこの皮膚科でもやってくれそうですが、やはり普通の水虫と違って、いろんな方法や薬の副作用があるため、女性でも妊娠予定のある人、妊婦、授乳中の女性など、どこでもっていうわけにはいきませんよね。それは東京でも大阪でも同じです。爪水虫=皮膚科とは限りません。
抗真菌科があったりする病院もあるのです。

 

そういうところの方が、爪水虫治療でも専門性が強く、他の持病も持っている人はただ町医者の皮膚科に行くよりは、ちゃんとした病院に行って、最短で無駄のない(健康被害のない)治療をするべきだと思います。

 

日本第二の都市大阪なら色んな治療方をしてくれるところがあるかも知れません。ちょっと調べてみましたのでご紹介します。そもそも、爪水虫は爪白癬ともいわれ、白癬菌(ケラチンというタンパク質を栄養源とするカビ)が原因の疾患です。

 

ケラチンが含まれる部位としては髪や爪、角質が挙げられます。白癬菌にかかった人から剥がれ落ちた角質が傷ついた角質から入り込み、繁殖しやすい環境にあった場合、水虫に感染するとされています。

 

白癬菌は高温多湿の環境を好み、皮膚表面に汗や汚れが残っている状態も繁殖を促進します。
また、糖尿病・免疫不全などの持病で免疫力が弱っている方にも繁殖しやすいといえます。

 

爪水虫には、内服薬療法や外用薬療法が一般的ですが、それでも改善しない場合には、「レーザー治療」という療法があります。レーザーを使用し、爪に照射することにより、その温熱効果で白癬菌を蒸散させ又殺菌するというものです。

 

副作用もほとんどなく治療時間も短い有効な治療法です。大阪府で爪水虫のレーザー治療ができる医療機関・病院がありますよ。
大東市の「いそのかみ皮フ科」月1回で半年〜10か月で治療時間はたったの2〜3分で1回5,000円だそうです。

 

もう一つは木下皮フ科クリニックという西区にある病院で、月1回程度で最長4か月、治療時間は1回につき10分空20分で、10足で10万円だそうです。
ちょっと高いですね。内服薬や塗布薬では効果のなかった方や内服薬を服用したくない方(内服できない方)にとって、爪水虫に対するレーザー治療は安全性が高く、一回の治療時間も短く効果が得られる療法として期待できます。

 

しかし、日本ではまだ爪水虫のレーザー治療は厚生労働省に認可をされていない治療法のために自費での受診となってしまいます。
でもその間にも、あとでもいいのですが、再発予防や、早期完治のために、毎日自分で爪に塗る対策ジェルがあります。

 

「クリアネイルショット」ですが、どのランキングを見ても最上位にあります。「クリアネイルショット」は今までの塗り薬と違い、爪の奥まで染みこんで作用します。
爪水虫専用に開発されただけあり、非常に有効な市販薬だそうです。一度お試しくださいね。

 

⇒爪水虫に効くジェルがあるって知ってましたか?