爪水虫で血液検査がいるの?

爪水虫で血液検査がいるの?

爪水虫といっても水虫で白癬菌が原因なら顕微鏡で白癬菌をチェックすればよくて、血液検査と爪水虫の間に何の関係があるの?

 

と思いますよね。たしかに、白癬菌は血管までは侵入しないし、まず血に混じったら白癬菌は生きていけないのですから、爪水虫で血液検査?と思っている人は多いと思います。

 

でも、実際に爪水虫で病院にいくと血液検査が必要な場合が出てくるそうです。

 

爪水虫を治すために病院へ行くと、第一選択として内服治療を勧められることが多いと思います。内服治療は、治癒率が高い(70〜80%)上に、薬を服用するだけなので簡単で、継続もできます。

 

広範囲の水虫でも一気に治療できるので、爪水虫も、水虫でも身体中の白癬菌を退治できるのです。これらのメリットがあって、爪水虫の完治を最も期待できる治療法であると言うことができます。

 

ただ、内服薬は抗真菌剤を全身投与しますので、肝臓や腎臓に副作用が出ることが、たまに起こってしまいます。
このため、内服治療を受ける人は、定期的な血液検査が必要となり、その数値を見ながら慎重に投薬を進めていくことになります。

 

つまり、爪水虫の治療に使われる抗真菌剤が引き起こす副作用は、消化器症状や肝胆道系障害、血液障害などが挙げられますので、その副作用の発生率は1割程度ですが、血液検査で肝機能の障害が出ていないか確認が必要です。しかも、治療中(約1年)定期的に血液検査をします。

 

そこで、肝機能の低下が認められたら、それ以上の内服治療は続けられず、それまでの治療に掛かった費用も、無駄になる可能性があることは、覚えておく必要があるでしょう。

 

また、副作用の中で重篤な症状が出るのは0.01%ほどと大変低いので、総じて副作用の少ない薬であると言っていいのではないでしょうか?
爪水虫の内服治療では、主に2種類の薬が使われています。

 

1、ラミシール錠(テルビナフィン)、イトリゾール錠(イトラコナゾール)です。1のラミシール錠を使う場合、薬の服用は毎日になるので、治療開始前と使い始めてから数か月の間は毎月、血液検査をすることになりますので、トータルでは最低でも3回、多いときは6回ほどの血液検査を受けることになります。

 

2のイトリゾール錠は、パルス療法と言って、3か月の間薬を服用するのですが、実際に服用するのは21日間となります。

 

血液検査はお医者さんによっても違いはありますが、1〜2回程度になるでしょう。あなたの爪水虫の治療に、この2種類の内服薬のどちらを使うかは、服用期間、費用、併用している薬の有無などによって決まります。

 

女性の場合は貧血の人は血を取るのがもったいないと思う人もいるのではないでしょうか?とにかく、爪水虫を内服薬で治療する場合には血液検査が必要だということは覚えておいてくださいね。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら