治療経過は自己判断しない

治療経過は自己判断しない

爪水虫の治療経過は自己判断しないことが重要です。白癬菌を見ることができるような顕微鏡をお持ちの方でも爪水虫は、爪の先ではなく、生え際に白癬菌がいることもあるからです。

 

つまり経過観察する場合はかならず病院でやってもらいましょうということです。

 

自己判断で薬をやめたり続けたりしているうちに、ずっと水虫と闘うことになりかねません。何年経過しても治らない!となってしまうのです。では、どういった経過で爪水虫は悪化し、完治していくのでしょうか?

 

爪水虫は、親指の爪の生え際から向かって右側が黄褐色に変色していき、だんだんと左側に広がっていきます。

 

そして、全体を侵食する前に先に侵された部分からかけてしまいます。かかと水虫とは違い、爪水虫の場合は素人でも比較的判別しやすく、この状態になっても放っておく人は少ないでしょう。

 

ただ、爪がかけるまで侵されているのは最終段階で、臓器に以上がない方であれば、医師の慎重な診察のもとで飲み薬を処方してもらわない限り完治は難しいでしょう。

 

爪水虫のスタートは爪の生え際となる爪母からはじまります。

 

左の画像は、爪水虫に感染した爪の初期段階の様子です。まだ爪にも潤いがのこっていますし、末端部分は感染しえいなくて市販されている専用の塗り薬でも完治できると考えられます。

 

早い段階で気が付き、爪水虫完治に特化した薬を継続して塗り続けさえすれば良いのですが、本人が分からないくらい徐々に変色してきますし、足が痒くなるなど際立つ症状が出ないので放置してしまいがちです。

 

最終的にはもう誰にも見せられないくらい不潔極まりない足爪へと変貌してしまいます。

 

黄褐色を通り越して、血が滲み固まってしまったような赤褐色になっていますね。年月が経過するに連れて、黄色から茶色、茶色から黒色へど確実に暗黒度が増していきます。

 

問題は無神経な人、爪水虫が進んでいる人は当然ながら足裏にも水虫があるわけで、原因となる白癬菌を家族に感染させたり、公共の場でシューズを脱いだ時、自分が水虫菌をペタペタ残していることに、何ら罪の意識を感じない人です。

 

水虫は個人の問題ではなく、周辺の人々を感染させるリスクを伴う病気と認識していれば、自ずと早く治さなければいけないという意識が湧いてくると思います。
では、爪水虫を完治させる方法です。

 

基本は病院で処方された内服薬を継続することです。

 

一般的な抗真菌剤の外用薬では爪の各層の奥深くには染み込んでいかないため、体内から爪が生成する部分に作用させるようにします。
内服による治療のメリットは、確実に白癬菌を殺菌していくことと、完治の絶対条件となる継続が簡単になることです。

 

通常の水虫を完治できない人が多いのは、体に痛みを伴う危機感を覚える症状が出ないため、薬の塗布を続けられないことにあります。
一方、内服薬のデメリットは副作用が生じる場合があること、臓器に異常がある場合、お腹に赤ちゃんのいる妊婦さんは内服できないことです。

 

そこで、天然成分だけで白癬菌に効果のある成分を含む対策ジェル(クリアネイルショットなど)が市販されていますので、副作用が心配な人はそれから初めてみてはいかがでしょうか?

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら