ケア商品や液体のタイプにはどんな種類がある?

ケア商品や液体のタイプにはどんな種類がある?

(爪水虫の原因と症状)

 

爪水虫の原因は白癬菌によるもので、爪が厚くなり白濁色になるのが特徴的な症状です。

 

爪水虫は自然治癒しない為、放置しておくと症状が進行するので、悪化する前に早目の対処が大切です。

 

症状が進行すると、爪は黄濁色に変わりやがて黒色になっていき、最終的に剥がれてしまいます。

 

爪水虫は、痒みや痛みを感じないケースが多いものの、爪の周りが炎症したり爪が厚くなることで、靴を履く時に痛みを感じる場合もあります。

 

(爪水虫の対処)

 

爪水虫の原因は足水虫と同じ白癬菌なので、足水虫に使用する液体の水虫薬でも対処できそうですが、効果は期待できません。

 

その理由は爪水虫の場合、硬い爪の中に白癬菌が感染している為、薬局やドラッグストアで市販されている水虫薬を塗っても、成分が患部まで届かず働きかけができないからです。

 

爪水虫の対処をするなら、皮膚科への受診がおすすめです。

 

皮膚科に行くと、白癬菌の陽性反応を調べる検査が行われ、陽性の場合には飲み薬や液体薬での治療が開始されます。

 

爪水虫は、身体の中から患部に働きかけた方が効果的な為、飲み薬による治療が優先されます。

 

しかし、爪水虫に使用される飲み薬は、服用できない人もいるので、その時には液体薬での治療になります。

 

飲み薬が使用できないケースは、肝機能や血液に疾患がある人、妊婦の人、高齢で複数の薬を服用している人などです。

 

(病院で処方される液体の薬)

 

病院で処方される液体の薬は、エフィコナゾールやルリコナゾールなどで、半年から1年かけて使用します。

 

以前まで爪水虫の有効的な治療は、飲み薬しかありませんでしたが、液体の新薬が発売されて治療の範囲が広がりました。

 

病院に行って飲み薬ではなく液体の外用薬で治療を受ける場合、自宅で対処する選択肢もあります。

 

自分で対処する場合、爪水虫に効果が期待できる薬や商品を購入する必要がありますが、薬局やドラッグストアでは販売されていません。

 

しかし、通販サイトなどには幾つかの爪水虫アイテムが販売されています。

 

液体のタイプだとエフゲンという水虫薬があり、爪水虫の対処にも働きかけが期待できます。

 

エフゲンは、発売から40年の実績がありサリチル酸で角質を軟化させて、有効成分ウンデシレン酸の浸透を助ける成分構成が特徴です。

 

エフゲンを使用する場合、液体成分が爪に長く滞在する工夫をすると、より働きかけが期待できる為、患部に塗るだけではなくガーゼなどに染み込ませて貼り付ける使用方法がおすすめです。

 

エフゲンに限らず、爪水虫の対処には長い期間をかける必要があるので、購入の際にはまとめて買うとお得な公式サイトがおすすめです。