治った爪にうっとり!?

治った爪にうっとり!?

クリアネイルショットで爪水虫が治ったという話はよく聞きます。しかもその治った爪にうっとりというのが、ネイルサロンでアートネイルをできるようになり、フレンチネイルやキラキラ系など、女性らしい爪になって、クリアネイルショットのおかげという方も多いのです。

 

クリアネイルショットは爪水虫に特化した対策ジェルなので、爪水虫が治ったというのは本当の話です。逆に治らないのは、他の病気を疑った方がいいかもしれませんね。

 

あとは、クリアネイルショットを使う期間です。だいたい1年〜2年です。なぜなら、普通の水虫から爪に移動した白癬菌は固い爪の奥に入っていってしまっています。
だから、クリアネイルショットは爪に浸透するようなジェル状ですが、それでも1年程度は完治するのに想定しておいた方がよいでしょう。

 

ただ、見た目がきれいになったというだけでは完治したことにはなりません。爪水虫は痒みがないので、見た目で判断するしかないですが、爪がきれいになった後も当面はクリアネイルショットを塗り続けるようにしてくださいね。

 

まず、爪水虫ってなに?という方のために、基本的な情報をご紹介します。 爪水虫を完治させるには、水虫の治療を並行して行う必要があります。

 

水虫発症の原因(プール、家族から、ジム、生活習慣など)や、なかなか治らない理由、自宅で必ず治すための情報をまとめました。

 

爪水虫(爪白癬)は水虫の原因である白癬菌が、爪の中にまで入り込んでしまう感染症です。爪水虫になると、爪が白濁して汚くなり、脆くなったりするばかりか、ひどい場合は痛みすら伴います。あなたの足の爪は白濁していませんか?

 

白い線が入っていたり、分厚くなったりはしていませんか?

 

「足の爪がなんだか汚いな〜」なんて思っていたら、それは爪水虫かもしれません!!

 

やっかいな爪水虫は放置していても絶対に自然治癒はしませんので、必ず治療をはじめてください。
しかも、爪水虫を治すためには、硬い爪に浸透するような、爪水虫専用の商品を使わなければならないのです。

 

今もっとも注目されているのが、東証一部上場企業の北の快適工房が開発した「クリアネイルショット」という商品です。
クリアネイルショットは正確には薬ではありませんが、爪水虫を改善するために開発された商品。

 

これを患部に毎日すり込めば、白く濁って汚い爪が、数か月後にはきれいなピンク色の爪に生え変わります。もちろん効果に個人差はありますが。
簡潔に言ってしまえば、とにかく継続して水虫薬を塗り続けるという方法です。

 

⇒クリアネイルショットの公式通販はこちら