爪水虫の薬で一番はどれ?

爪水虫の薬で一番はどれ?

爪水虫の薬で一番有効なのはどれなのでしょうか?一番きつい爪水虫の薬として知られているのは、病院で処方される内服薬です。

 

副作用がかなりの確率で発生し、吐き気や胃の不快感などがあり、妊婦や授乳中の女性には処方されません。その次が病院で処方される塗り薬です。
これは市販薬とあまりかわらない爪水虫の白癬菌を退治する成分ですが、処方薬なので濃度が違います。あとは価格が高いということですね。

 

その次はやはり市販薬となるのですが、まずは自分の足に出ている症状が爪水虫なのかどうかを病院か、ウェブサイトに掲載されている写真で確認した方がいいと思います。

 

万が一、内臓の病気で爪が変形したりすることもありますので、水虫薬を塗っていても改善どころか健康を損なう可能性があります。
爪水虫とわかれば、薬の情報を集め、口コミや実際の治療の経験から、爪水虫の市販薬についてのランキングを見ていって、自分が続けられそうなものを選ぶとよいと思います。

 

普通の水虫も、爪水虫もなかなか治りません。すぐに治ったと思っても再発することがよくあるので、気をつけてくださいね。
爪水虫薬を選ぶ時のポイントは、爪専用かどうかです。爪もいけるとか併用できるものはあまり期待できません。

 

なぜなら、爪に浸透する成分でなければ、爪の中の白癬菌を退治できないからなのです。
次に、健康な爪のためにも天然成分にこだわったものであれば尚良いと思います。

 

たとえば、ハーブ精油などです。最後に口コミを見て、治ったということが書かれてあるかどうかですね。

 

口コミを書きこむということは、気持ちが動かされた、治った、嬉しい、最悪、効き目なしというどちらかですが、いずれにしても、書き込まずにはいられなかったという感情がありますので、嘘はないと思います。だから口コミって大切なのですね。

 

水虫と爪水虫は同じ白癬菌が原因ですが、皮膚が白癬菌に侵される水虫と、爪と爪と皮膚の間が白癬菌に侵される爪水虫では、治療方法が異なります。

 

特に白癬菌に対する殺菌・有効成分が含まれていても、水虫薬は柔らかい皮膚に浸透するだけでいいのですが、爪水虫の場合は、硬いたんぱく質である爪と爪の皮膚の間に有効成分を浸透させる必要があり、いかに悩みのタネまで有用成分を「浸透できるか?」がとても重要用です。

 

次に、一般的に爪の成長のスピードは、足の爪の成長:1日0.05mm、1カ月に約1.5mmといわれており、足の爪の生え変わりには約6か月間の期間がかかります。
爪水虫の治療を効率的に行う為には、新しく「健康な爪が早く成長する」ための有効成分が含まれているとより爪水虫の治療には効果的だといえるでしょう。

 

最後に口コミです。これは個人的な主観にもよるとは思いますが、ネットでどの商品を購入するかにあたって、口コミは是非とも参考にしたいところだと思います。

 

⇒爪水虫をこっそり治したい人はこちら